生活に困っているなら真面目に働くことが一番だと思います。だけど私はそれができない理由があります。それには過去の華々しい生活が大きく影響しています。私の前職は社長秘書でした。幼い頃から秘書という仕事に憧れを持っていたので、頑張って勉強をして上級秘書士の資格をとりました。秘書というと会社に直接雇われているように思われますが、実はほとんどの場合は派遣社員です。私も例外ではなくとある派遣会社に登録をしてある会社に派遣されていました。私が派遣されていた会社は、名前こそ言えませんが誰でも知っているような大企業でした。その会社で26歳の時から28歳までの2年間、社長秘書として働かせてもらいました。

 

それだけならいたって普通の生活を変わりません。しかし私はそこの社長と愛人契約を結んでいたんです。社長秘書になって3か月ほどしたときに、社長から「月30万で愛人にならないか」という話を持ち掛けられました。当然最初はお断りさせて頂きました。なにせ社長は私の父よりも年上だったし、それに派遣会社からは派遣契約以外の仕事に従事してはいけないと言われていましたから。それが愛人契約だったなんて公になってしまったら大ごとです。ですので丁重にお断りさせて頂きました。

 

しかし社長も懲りずに毎日のように「愛人になれ。悪いようにはしないから」と話を持ちかてきます。色々な理性が働いて断っていたものの、やっぱり月に30万の副収入の魅力は拭い去れません。当時引っ越しも考えていたし洋服とかもたくさん買いたかったので、お金の魅力には勝てませんでした。それで社長の提案を承諾し、愛人になりました。もちろんこの事は誰にも内緒です。他にも何人か秘書を担当していた人がいたのですが、その方たちにも内緒です。社長と私だけの秘密の関係でした。

 

リッチ男性が集う優良サイト登録無料
愛人サイトランキング
女性はどれだけ利用しても完全無料