愛人バンクもは危険、愛人掲示板もダメ。その次に私が仕入れた情報はSNSを使ってリッチな男性を探すという方法です。最近ではTwitterやFacebook、LINEなどのSNSが流行しています。そのため登録者数もかなり多くいるので、それを利用して出会いにつなげようという事なのでしょう。たしかに利用している人が多ければ多い方が出会いが成就する確率は高くなると思います。だけどこれが愛人契約に繋がるとは到底思えません。

 

Facebookは私ももちろん利用していますので分かるんですが、必ず本名で登録するという決まりになっていますよね。その事で安全が保たれて、使う側も安心して利用できるのですが、愛人を探すためにはこの本名で登録というのがかなりネックになると思います。愛人契約をする男性というは多くの場合会社や家族に秘密にしています。堂々と愛人がいるというのを公にしている人はまずいません。ですので本名をネット上に出して愛人を募集しているとは思いません。ですのでFacebookでそのような関係に発展することはないと思います。

 

Twitterも同じだと思います。もちろん本名を出すことはないですが、フォロワーが増えれば増えるほど、ツイートが拡散されてしまいますし、人物が特定されてしまうのでばれてしまう危険性が高くなります。事実私が派遣先の社長の愛人をしていた時も、情報がTwitterで拡散されてしまって終止符を打つことになrました。Twitterもリスクが高いのでリッチな男性が使っているとは思えません。

 

さらにLINEとなればもっとリスクが高くなります。LINE単体でしたら秘密に出来ると思いますけど、それだけだと出会いに繋がることはありません。LINEのIDを交換できるような掲示板などを利用した場合、不特定多数の人に愛人募集をしていることがばれてしまいますし、誰だか分からな人と接触すること自体危険です。それにLINEの掲示板を利用した場合には検索制限などの規制に掛かることがあるようなので、出会いにつなげることは不可能だと思います。

 

SNSは確かに便利です。だけど出会いを目的とした場合には危険もありますしリスクもあります。なによりも不特定多数の人が集まるところで出会た人と接触をするのは非常に危ないと思います。

 

リッチ男性が集う優良サイト登録無料
愛人サイトランキング
女性はどれだけ利用しても完全無料